PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カンボジア・ラオスの旅 その1

この旅行はソフィーとりょうを訓練の先生に預けて
後ろ髪を引かれながらの出発でした

関空からホーチミンで飛行機を乗り継ぎ
カンボジア・シェムリアップの空港に降り立った一番の目的は
神戸の有志たちが現地に作った小学校を訪問するためでした


DSC02672.jpg

出迎えてくれた子供たちは600人余り
詳しい事を何も知らずに
アンコールワット見たさに夫に付いて行ったmakorinnでしたが
マイクロバスの窓からこの光景を見た時
胸に込み上げて来るものがありました
裸足の子も大勢…
でも、どの子の目もキラキラ輝いていました

DSC01893.jpg

日本から持ち寄った鉛筆と現地で買ったノートを一人一人に手渡しました
makorinnは百均で消しゴムの付いた可愛い鉛筆を買っていっぱい持って行きました
DSC02683.jpg


この豊かな心を持つ貧しい国の子どもたちには
ちっぽけなmakorinnにさえ
何かして上げられる事があると実感
この子たちの中から将来のカンボジアを担う人物が現れることを夢見て
近いうちにまた来ようと思ったのでした


そしてキリングフィールドへ
一見何の変哲もない寺院でしたが、ここはポルポト時代刑務所があった場所で
数千人ともいわれる人が犠牲になった場所です。

白い慰霊塔の中には
DSC01916.jpg

無数の人骨が…
DSC01920.jpg




にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュスプリンガースパニエルへ
にほんブログ村

| お出かけ | 21:54 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

デイジーさん☆

高齢化している日本と違い、
カンボジアは子どもの方がたくさんいる国です。
この小学校も子どもの数のわりに校舎は本当に小さいんですよ。

帰ってから調べたら、
日本のあちこちの方がカンボジアに学校を作っているみたいです。
国の立て直しはまず教育からですもんね。

子どもたちはみんな礼儀正しく、いい子ばかりで
こちらが元気を貰って帰って来ました。

| makorinn | 2010/02/21 09:36 | URL | ≫ EDIT

ライムぱぱさん☆

詳しい事情を知らずにカンボジアに行ったものですから
私にとってはすごいカルチャーショックでした。
カンボジアの苦しさや辛さを目の当たりにして
今の日本に暮らす私たちは幸せなんだと思いました。
日本も第二次大戦敗戦直後の苦しさから頑張って立ち直ったんだから
カンボジアの子どもたちにも頑張って立ち直って欲しいです。

| makorinn | 2010/02/21 09:28 | URL | ≫ EDIT

おかえりさん☆

カンボジアやラオスにはびっくりするような安い値段で
素敵な織物がたくさん売られてました。
小学校の子供たちにもまた会いたいけど
市場の買い物にもまた行きたいです。

| makorinn | 2010/02/21 09:12 | URL | ≫ EDIT

カトママさん☆

あははは
左端の女の子、カトママさんに似てますか?

カンボジア、私はアンコールワット、ポル・ポト、地雷・・・
こんな言葉を列挙出来るだけで現状は何も知りませんでした。

世界の中で識字率の低いアジア地域にあって
一番識字率の低い国なんだそうです。
教師たちの殆どがポル・ポトに虐殺されて校舎も破壊された、
その影響で今でも苦しんでいるんですね。

日本政府が道路を、国際赤十字が病院を整備していっていますが
小さな手助けで出来ることは教育に力を貸すことなのかな。

日本も今苦しいけど、
それでもまだ手を差し伸べなければならない人たちが
世界にはごまんといるんですよね。

| makorinn | 2010/02/21 09:06 | URL | ≫ EDIT

No title

子供達の数の多さにびっくりしています!

これだけの子供が勉強できる環境を
日本から作りに行かれた有志の方々の行動力を
尊敬します~!

学びたい気持ちが
現れてる子供達の目ですね^^!
将来の大きな夢にむかってほしいですね


| デイジー | 2010/02/21 02:08 | URL |

No title

makorinnさん、こんにちは~。ライムぱぱです。

とっっっも意義のある、そんな旅行でしたね。

出迎えてくれた子供達、ショッキングな慰霊塔。

本当に考えさせられるものがあります・・・

| ライムぱぱ | 2010/02/20 18:46 | URL | ≫ EDIT

No title

素敵なストールありがとうございました・・。
とっても温かくてさわり心地もとてもよく・・
愛用させていただきます^^

| おかえり | 2010/02/20 02:01 | URL | ≫ EDIT

No title

日本は不景気で貧困にあえいでるという人も多いけど
日本人の子供は物や環境に恵まれ過ぎてるんですよね・・・

門から続く子供の数、ホンマに凄いですね!!
この学校がこの子たちに明るい未来を齎してくれますように。

それにしても・・・2番目の画像の左端の子・・・

自分見てるみたいや!!(笑)

| カトママ | 2010/02/19 23:28 | URL |

Wooママさん☆

そうなんですよ~
家に転がっている鉛筆1本、私たちが粗末に扱っているものなんかでも
彼らにとっては宝物になるんです。
10本100円で買った鉛筆を貰った子どもたちは
それを大切に大切に握りしめていましたよ~。
通貨価値も全然違うから、
私たちが取るに足らないと思う金額を彼らが稼ぎ出すのには
並大抵の苦労じゃありません。
私たちがどれほど幸せな暮らしをしているか、思い知らされました。
でも彼らの方が精神的には豊かかもしれません。
自殺者なんていないに等しいそうですよ~。

| makorinn | 2010/02/19 20:03 | URL | ≫ EDIT

No title

家に転がってる鉛筆1本
履かない靴
家には粗末に扱ってる物もここでは大事な物になるんですね。
何でも有る生活なのに幸せだと思えない私達の生活ってなんでしょう?
生きる事を忘れてるのかもね。

| wooママ | 2010/02/19 16:06 | URL | ≫ EDIT

まりんばさん☆

小さな小学校なのですが
これだけの子どもが集まってしまっているんです。

本当に貧しい子どもたちですが
素朴で明るくて、礼儀正しい子ばかりだったので
何か助けになれば嬉しいと思いました。

はだしの子も大勢いましたが
以前にも来た人たちははだしの子が減っていると言っていました。
少しでも暮らしが楽になって、勉強に打ち込めるといいのに…

この学校を卒業した中学生が数人いて、簡単な英語で話が出来ました。
学ぶ場さえあれば、みんな一生懸命勉強して、
ちゃんと学んだ事を身につけていく優秀な子もたくさんいそうです。

ポルポト時代のツケを返さねばならない運命を
背負って生まれたこの子たちに、少しでも力を貸してあげたいです。

| makorinn | 2010/02/19 14:47 | URL | ≫ EDIT

yoxさん☆

初めは児童200人足らずの小さな小学校だったのですが
あっという間にこの人数になってしまい
校舎が足りなくて2部制で授業をしているのです。
日本と違って老人が少なく子どもが多い国だから
施設より多くの子どもが集まってしまうみたいです。
それでもまだ、学校にも行かず働いている子も多く
ここにいる子も午後にはアンコールワットで
観光客相手に物売りしたりしているみたいです。

| makorinn | 2010/02/19 14:31 | URL | ≫ EDIT

感動しました。

600人もの子供達が通っている大きな学校なんですね~。
この中からたくさんの国を担う人材が育っていくのでしょう。
こんな素晴らしいことをされているmakorinnさんご夫妻はじめ
グループの皆様には本当に頭が下がります。
過去の不幸な出来事の後遺症が色濃く残るこの国で
この澄んだ瞳を失うことなく無事に大人になってくれますようにと
祈らずにいられません。

| まりんば | 2010/02/19 13:15 | URL |

どやどやさん☆

こうして迎えてもらえるって知らなかったので感激しました。
日本なら鉛筆1本とノートがもらえたって
こんなに喜んでくれないと思うんです。
ちゃんと一人ずつがお礼を言ってくれたし、
おとなしく待って取り合いもしないのにも感動しました。
小学校に通ってこられる子はまだましなんですよね。
朝から働いている子も多いみたいです。

みんながこんなに苦しい生活を強いられているのも
ポルポトのせいかもしれません。
まだまだこの国の人たちは
ポルポトのツケを払いながら暮らしています。
でも生き延びただけまだましで、
数え切れない罪もない人たちが惨たらしく殺されたことを思うと
心の底から憤りを感じます。

| makorinn | 2010/02/19 12:36 | URL | ≫ EDIT

No title

600人とは随分大きな小学校なんですね。
みんな身奇麗にしていて、勝手に想像していたものと違いました。
写真は多くを語ってくれますね。

makorinnさんからのプレゼントも彼らの宝物になるんでしょうね~。

子供達のきらきらした眼差しとポルポト政権の恐ろしい遺産・・・。一度に天使と悪魔を体験なさったのですね。

| yox | 2010/02/19 10:58 | URL | ≫ EDIT

No title

こ~んなたくさんの子ども達に出迎えてもらったら…v-395
胸が、目頭が熱くなりますね!!
鉛筆とノート、嬉しかっただろうなぁ~~~♪子ども達の心の声が聞こえてくる気がしますょv-398
何か出来ることがあったら、ためらわずやっていける人間になりたいなぁ~って思いました。
 
う…慰霊塔の中の光景に驚愕…v-399

| どやどや | 2010/02/19 09:00 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://makorinn73.blog98.fc2.com/tb.php/58-f2dc29ea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。